Call Us (111) 234 - 5678

21/B, London Campus, British Road, Birmingham, UK

取引開始前に金融庁ホームページで登録業者であることを確認しましょう

1月3日、国民生活センターはバイナリーオプションについての注意を消費者に呼び掛けました。取引相手が無登録者の場合のトラブルが急増しているためです。
バイナリーオプションは、為替相場の変動を上がるか下がるかの二者択一で予想し、短時間のうちに繰り返して取引ができる簡単で手軽な投資方法として最近人気が高まってます。しかし、このところ、海外の業者とバイナリーオプション取引を開始したものの、出金に応じてもらえないまま、業者と連絡がとれなくなったという相談が多く寄せられるようになったとのことです。
金融取引を行う業者は金融庁に登録する必要がありますが、トラブルになっているケースの大半は金融庁への登録がなされていない海外の業者との取引です。国民生活センターは、無登録業者との取引は控えるように呼び掛けています。 同センターに寄せられた被害事例では、入金後に5~6回取引を行ったところで、その業者が無登録業者であることをネットで見つけて不信感を抱き、入金額を引き出そうとしたところ、取引相手の業者と連絡がとれなくなったというものです。
トラブルに巻き込まれたら自治体の消費生活センターに相談しましょう。また、業者が無登録者でないかどうかは、金融庁のホームページで確認できるので、バイナリーオプション取引を開始する前にチェックしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>